福祉住環境コーディネーター検定ナビ

福祉住環境コーディネーター検定1級の基準

2級、3級の知識をもとに、
新築や住宅改修の具体的なプランニングができるかを確認するもの。

 

安全で快適な街づくりへの参画など、
幅広い活動能力があるかどうかの確認をするもの。

 

・個々の住まいにとどまらず、買物や散歩等に出かける日常生活圏全般に、
また住宅として位置づけるべき社会福祉施設(ケアハウスやグループホームなどの住関連施設)
までも視野に入れた住環境整備に係る知識・技能を有しているかどうか。

 

・地域社会におけるコーディネーターとしての能力、
さらに福祉の街づくりなどにも積極的に助言できるような
技量と調整力を有しているかどうか。

1級検定の受験資格

2級の合格者。

1級検定の試験内容

・これからの社会に求められる福祉住環境整備
・ユニバーサルデザイン環境の整備手法
・高齢者住宅・詩説の種類と機能

 

など

1級検定の合格率

福祉住環境コーディネーターの1級の合格率は、4%前後とかなりの難関です。